×

ファーム日本一の阪神・平田2軍監督「今日ひたむきにやった選手たち、必ずまた1軍で活躍します」

[ 2021年10月9日 16:54 ]

ファーム日本選手権   阪神3-2ロッテ ( 2021年10月9日    サンマリンスタジアム宮崎 )

<ファーム日本選手権 ロ・神>ファーム日本一に輝きチャンピオンフラッグを前に記念写真に納まる阪神2軍ナイン(C)NPB/BBM2021
Photo By 提供写真

 阪神2軍は9日、ロッテとのファーム日本選手権に3―2で勝利し、3年ぶり6度目のファーム日本一を成し遂げた。平田2軍監督は「9回の攻撃は見事だったな」と2点劣勢の9回に逆転劇を見せたナインをたたえた。以下は平田2軍監督の一問一答。

(優勝スピーチ)

 ――ファーム日本一おめでとうございます

 「ありがとうございます。ありがとう、ありがとうございます」

 ――見事な逆転劇だった

 「率直な気持ちはね、半分諦めていました。シーズン中の終盤も由宇で2点負けていて9回に4点取って、マジック1という形になったんですけど、ロッテは強かったね。ですから今日はね、半分、もうちょっとかなと諦めかけていたところで。やっぱり僕の鍛えた選手だね。この選手たちは最後まで諦めずやったということはコーチの皆さんの日頃の鍛錬のおかげですよ」

 ――9回の攻撃は

 「まずトップバッターの高山が珍しくヒットで出て。チャンスで打たないんだけど、こういうトップバッターの時は頼りになる。この後に栄枝、四球の片山の四球も大きかったし、バントを一発で決めた長坂、若い遠藤が決めたというのは今年のシーズンを象徴するゲームでしたね」

 ――先発の村上が途中までは完璧

 「あの2点は駄目。今日の村上は6回ゼロで抑えないといけない。そのぐらいのレベルに上がってきていますので、そのへんはまだまだこれから。村上は課題が出て良かったなと。藤浪、斎藤はこのぐらい投げてもらわないと困りますし、岩田がねえ。9回、プレッシャーかかるところで最後の四球はいただけませんけど、2人しっかりアウト取って。最後は尾仲さすがだね。シーズン中は失投ばっかりしていたのが、今日はきっちりショートゴロに打ち取ってくれました」

 ――ウエスタン優勝で満足したらいけないと言っていた

 「はい、まだ1軍は10数試合、まだまだしびれる優勝争いしているゲームに臨んでいますので、今日の経験を生かして1軍の戦力になれるように。また月曜日からのフェニックスでレベルを上げて必ずまたクライマックス、日本シリーズと今日出た選手たちが活躍するのを楽しみにしておいて下さい」

 ――ファーム日本一。ファンに

 「今日ひたむきにやった選手たち、必ずまた1軍で活躍しますので、どうか皆さん楽しみにしておいて下さい。今日は皆さん、ありがとうございました」

(囲み取材)

 ――3年ぶりのファーム日本一
 
 「粘りには、ずっと8月からだけど、7月の30日からか。勉強させられるな。今日なんか、諦めたでしょ。まあ由宇の再現は無理やろうなと思っていたけど、9回の攻撃は見事だったな」

 ――11年前とは真逆 

 「逆やねえ。2010年は逆にやられたんでね。そういう意味でまた一つ選手に教えられるわ」

 ――最後まで集中力を切らさない

 「何とか塁に出て、高山が出てというところからのスタートなんでね。高山も今年1年間、悔しい思いをして、ファーム選手権の2本のヒット、こういうことも来季につなげるというそういう気持ちの表れじゃないかな」

 ――試合前の円陣で監督を日本一の男にすると

 「藤田、偉いわ。藤田がずっと勝っている時にずっと声出しの担当をやってくれて、嬉しいわね。そういうところで選手に感謝というか、教えられた」

 ――最後に遠藤が打った

 「その前もヒットでしょ。後半7試合連続でずっとヒットを打っていて、セカンドのポジションも出ずっぱりで体力的にもついてきて、高校2年目で去年の努力というか、そういうのもちょっとずつ花開いてくれればいいかなと。まだまだ、まだまだだけど、あそこで同点打は大したものだ」

 ――村上はちょっともったいなかった

 「あれが(村上)ショウキとしては、あそこまでいったら7回0点とか、先頭に打たれて、バント処理があかん。もっともっとショウキにはね。皆さんは6回2点OKなんてね(言うかもしれないけど)。こういう短期決戦こそゼロで絶対抑えるというね。今日、ショウキもいい勉強になったと思うよ」

 ――藤浪は7回に起用した

 「これはもう安藤コーチ。2点ビハインドでどっかで出さないとと思って。9回の岩田には驚いた。斎藤そのままいくのかなと思ったら、これはもう安藤コーチがシーズン中の後半から投げ出して、最後の四球は余計だったけど。最後も抑えられてんね。余計だったけど、安藤コーチのずっとシーズン中もそうだけど、しっかりはまったな。はまったというかね」

 ――藤浪は1軍に中継ぎというのも

 「今日はそうやったけど、先発すると思うよ。フェニックスはね」

 ――有終の美を飾れたが、選手は1軍へ

 「そう。こういう頑張った選手たちをね、何とか競争して1軍で活躍させるのが我々の仕事なんで。また月曜日からしっかりと気持ちを切り替えて。明日はゆっくり休養して、月曜からです。これはチームとして戦うわけじゃないんで。江越、高山、板山みんなそれぞれ課題が違う。投手もそう。西純にしても色んな選手の課題があるので。そこはコーチとコミュニケーション取って、しっかり取り組ませますよ」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月9日のニュース