阪神・藤浪、自己最速にならぶ162キロ計測 圧巻の3者凡退 ファーム日本選手権

[ 2021年10月9日 14:46 ]

ファーム日本選手権   ロッテ-阪神 ( 2021年10月9日    サンマリンスタジアム宮崎 )

阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 先発・村上の後を受けて2番手として7回から登板した阪神・藤浪が、圧巻の投球をみせた。

 先頭の山本を二ゴロに打ち取ると、続く福田光は155キロで空振り三振。続く西川への6球目に、自己最速に並ぶ162キロを計測した。最後は153キロで見逃し三振。相手を圧倒する投球で、3者凡退に仕留めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月9日のニュース