阪神・矢野監督“恵みの雨”や!中日戦中止 18日に大野雄スライドで柳との対戦回避

[ 2021年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神ー中日(台風接近のため中止) ( 2021年9月17日    甲子園 )

練習を見つめる矢野監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神打線の復調へ向けては恵みの雨となった。台風14号の接近によって12時40分に中日戦の中止を発表。その後、選手たちは甲子園球場の室内練習場で練習に取り組んだ。

 「もちろん、次に向けての準備もできる。ここまできて、体が痛むというか、大変な選手もいるし、調子が上がっていない選手は、調子を上げることに使えることにもなる。うちにとっては良かったかなと思うけどね」

 連敗阻止に意気込む矢野監督は、仕切り直しにも前向きだった。前回15日のヤクルト戦では今季9度目の零敗。決定打を欠く低調な打線が、進撃を鈍らせる。攻撃陣は苦しい現状に直面していただけに、貴重な調整時間となった。

 当初は中日2連戦で大野雄、柳と対戦予定だった。中止を受けて、18日は大野雄が先発としてスライド登板。今季の阪神戦2試合で1勝、防御率0・00を誇っていた柳との対戦が、回避されることになる。天も味方につけた矢野阪神が、首位独走へ向けて甲子園で再発進を狙う。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月18日のニュース