巨人・原監督 メルセデスの女房役、大城から小林にチェンジ?「攻撃も含めて総合的に考えて」

[ 2021年9月18日 22:25 ]

セ・リーグ   巨人6―6ヤクルト ( 2021年9月18日    東京D )

<巨・ヤ(19)>初回を投げ終え、肩を落としてベンチに戻るメルセデスに声をかける小林(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は2位・ヤクルト相手に最大4点差を追いつき、6―6で今季16度目の引き分けに持ち込んだ。

 先発左腕・メルセデスが5回途中5失点KOされたが、4回に主将の坂本が2試合ぶり一発となる左越え16号ソロ。さらにこの回、中島に6号ソロ、5回には代打・北村にも4号ソロが飛び出して4―5と1点差に迫った。6回には3番手左腕・高梨が1点を失って2点差に開いたが、7回、先頭・小林の代打に出た大城が四球で出ると、若林の右翼線二塁打、代打・丸の四球で無死満塁。1死後、マウンドが今野から4番手右腕・大西に代わった初球を坂本が左翼線二塁打して6―6の同点に追いついた。岡本和が申告敬遠され、なおも1死満塁とチャンスが続いたが、中島が二ゴロ併殺打に終わった。

 試合後、巨人の原辰徳監督(63)は初回から5回まで全イニングで先頭打者を塁に出し、93球を投げて4回0/3を7安打3四死球だったメルセデスについて「やっぱり制球力でしょうね。あれだけ球数が多いというのはね。なかなかリズムが、なかなか乗り切れないよね。彼の特徴だもんね、リズムの良さは」とコメント。7、8回の2イニングを2安打4奪三振で無失点に抑えた4番手右腕・畠については「零点に抑えたというところですよね。価値があると思います」とした。

 また、これまでメルセデスは大城とバッテリーを組んできたが、この日は小林とのバッテリー。その意図について聞かれると「特にバッテリーという部分ではないが、攻撃も含めて総合的に考えてというところですね」と話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月18日のニュース