競泳の池江璃花子 25日のヤクルト―中日で始球式

[ 2021年9月18日 05:30 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 ヤクルトは17日、白血病から復帰して東京五輪の競泳日本代表となった池江璃花子(ルネサンス)が25日の中日戦(神宮)で始球式を務めると発表した。当日は「ヤクルトマンナイター」として実施。15日に誕生日を迎えた「ヤクルトマン」のお祝いに本社の広告キャラクターを務める池江が駆け付ける。

 池江は19年の白血病公表から懸命な治療とリハビリを経て、今夏の東京五輪で再び世界の舞台に戻った。昨年12月に雑誌の企画で対談した村上は「気持ちが強いなと思いました。僕も負けていられない」と感銘を受け、自身の東京五輪野球日本代表での金メダル獲得につなげた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月18日のニュース