ロイヤルズ・ペレスが3戦連発45号 大谷抜き両リーグトップ 捕手では70年ベンチに並ぶ最多記録

[ 2021年9月18日 02:30 ]

ア・リーグ   ロイヤルズ2ー7アスレチックス ( 2021年9月16日    カンザスシティー )

<ロイヤルズ・アスレチックス>初回、45号2ランを放ったペレス(AP)
Photo By AP

 ロイヤルズ・ペレスが3試合連続となる一発を放ちリーグトップタイとなった。初回1死一塁から左中間へ45号。並んでいた大谷を上回り、試合のなかったブルージェイズ・ゲレロと並ぶ両リーグトップとなった。

 また、主に捕手で出場の選手では1970年のベンチ(レッズ)に並ぶ最多本塁打記録。マイク・マシーニー監督は「特別なシーズン、特別な選手を目撃している」と称賛。今月は7本塁打。8月下旬に5戦連発と手が付けられない状況になっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月18日のニュース