早大・徳山 ラストシーズン目標は「日本一」&「自分がエースで投げ切って勝ちたい」

[ 2021年9月18日 05:30 ]

早大の徳山
Photo By スポニチ

 8月下旬に法大に複数のコロナ感染者が出た影響で開幕が1週間延期となった東京六大学野球秋季リーグは、18日の開幕も台風14号接近で順延となり、19日に神宮球場で開幕する。今秋ドラフト候補に挙がる早大のエース右腕・徳山壮磨投手(4年)はラストシーズンで有終の美を飾ることを目標に掲げた。

 気がつけば、ラストシーズン。1年春から神宮のマウンドに立つ徳山は「チームとして日本一。自分がエースで投げ切って勝ちたい。チームのために投げたい」と力を込めた。

 今春リーグ戦は6試合に登板して3勝2敗、防御率3・54。チームは5位に終わった。硬いマウンドへの対応が遅れ、フォームを崩した。もがき続けたが、最後まで本調子とは程遠い投球だった。

 夏場は原点に戻り、直球を磨くことをテーマとした。大阪桐蔭時代にも取り入れていたという、ブルペンでの練習法は「真っすぐとカーブの投げ込み」。カーブを縦に変化させるときのフォームを体に染み込ませ、ぶれていた軸を「縦回転」に修正。すると夏場のオープン戦では直球の平均球速が上がり、常時140キロ台中盤~後半を計測するようになった。西武・潮崎哲也編成グループディレクターは「スピードが上がって、春よりも良くなっている」と評する。

 小宮山悟監督は「徳山は春の悔しさをバネに取り組んでいた。取り返すつもりでやってくれるでしょう」と期待を寄せる。運命のドラフト会議まで1カ月を切った。「プロを考え過ぎるとダメ。とにかくチームのために投げる。それで(結果を)評価してもらえれば」と徳山。集大成の投球を見せることだけに集中する。 (川島 毅洋)

 ◇徳山 壮磨(とくやま・そうま)1999年(平11)6月6日生まれ、兵庫県出身の22歳。小3からソフトボールを始め、高丘中では兵庫夢前クラブでプレー。大阪桐蔭では2年秋からエースで3年センバツで優勝。早大では1年春にリーグ戦デビュー。通算33試合で8勝4敗、防御率2・07。1メートル83、82キロ。右投げ右打ち。

 ≪春に続き有観客上限5000人≫今秋リーグ戦は春に続いて有観客で開催される。東京六大学野球連盟の内藤雅之事務局長は「観客数は上限5000人でスタート。緊急事態宣言が解除となれば10月からは変更になる可能性もあります」と説明した。春に続き、応援団は外野席から選手たちにエールを送ることになる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月18日のニュース