巨人・北村が代打で左越えソロ「久々にいい感触」 16日には休日返上で2軍戦出場

[ 2021年9月18日 22:50 ]

セ・リーグ   巨人6─6ヤクルト ( 2021年9月18日    東京D )

<巨・ヤ(19)>5回無死、代打・北村はソロホームランを放ち、ガッツポーズ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・北村拓己内野手(26)が、代打で左越えソロを放った。

 2点を追う5回先頭。相手先発・高橋の147キロ直球を一振り。7月3日のDeNA戦以来、2カ月半ぶりの一発を左翼席中段に運び「打席に入る前に元木ヘッド(コーチ)から“絶対に先頭で出ろ”と言われていたので、必死に気持ちだけでいきました。久々にいい感触でした」と喜んだ。

 1軍の試合がなかった16日には休日返上でジャイアンツ球場でのイースタン・リーグ楽天戦に出場し、4打数1安打。試合後には阿部2軍監督らとともに居残りで打撃練習に取り組み「あの時間でヒントを得ることができた。それにプラス、村田(修一)コーチにもワンポイントアドバイスをいただいて、打つことができた」と感謝した。

 シーズン終盤に向け「落とせない大事な試合が続くので、勝利に貢献できるプレー、気持ちを出してやっていきたい」と力を込めた。

 

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月18日のニュース