東海大相模 神奈川6季連続V!門馬監督「一つの山を越えた」

[ 2021年5月4日 15:41 ]

春季高校野球神奈川県大会決勝   東海大相模4―3桐光学園 ( 2021年5月4日    横浜 )

優勝旗を受け取る東海大相模・門馬主将(撮影・川島 毅洋)
Photo By スポニチ

 東海大相模が2年ぶり12度目の優勝を飾った。2日の練習中にボールが当たり、準決勝はベンチから外れた門馬敬治監督が退院し、この日は指揮を執った。

 昨夏の独自大会を含め、6季連続優勝を達成し「こういう形で締めくくれて、一つの山を越えた感じがする。関東大会では強豪と戦える貴重な時間。しっかり戦いたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月4日のニュース