阪神・西勇は今季最短タイの5回4失点降板 通算100勝王手を逃す

[ 2021年5月4日 16:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト-阪神 ( 2021年5月4日    神宮 )

<ヤ・神(6)>5回、4点目を失った阪神・西勇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神先発の西勇は今季最短タイとなる5回6安打4失点(自責2)で降板した。3回まで無失点も4回に1点を失い、5回は味方の失策も絡んで3失点で逆転を許した。

 6回に自身の打席で代打を送られた陽川の同点2点適時打で黒星こそ免れたものの、通算99勝目はならず、100勝に王手をかけることはできなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月4日のニュース