阪神ドラ6中野がプロ初本塁打 坂本の144キロ直球を右翼へ「技あり」の一発

[ 2021年5月4日 17:00 ]

セ・リーグ   ヤクルト-阪神 ( 2021年5月4日    神宮 )

<ヤ・神(6)>8回1死二塁、プロ初本塁打を放ち、ガッツポーズの阪神・中野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト6位・中野が8回にプロ初本塁打を放った。

 「1点差の厳しい展開の中で、梅野さんがしっかりとバントを決めてくれたので、なんとしてでもランナーを返すという気持ちでした。最高の結果になってくれてほんとうによかったです」

 1点優勢の8回1死二塁、カウント2―1から3番手左腕・坂本の4球目、内角高めの144キロ直球をうまく捌いた。好感触の一発は右翼席に着弾。プロ初本塁打となる今季1号2ランで、勝利を決定づけた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月4日のニュース