バビーって?中日・根尾が満塁弾 プロ初アーチが満塁本塁打は中日ではバビー以来 1年間在籍した助っ人

[ 2021年5月4日 22:17 ]

セ・リーグ   中日8-4DeNA ( 2021年5月4日    バンテリンD )

<中・D(8)>3回1死満塁、根尾はプロ第1号となる満塁本塁打を放ち、ビシエド(左)に迎えられ満面の笑みで生還する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の3年目・根尾がプロ初アーチを放った。3回に右中間スタンドへ満塁本塁打。プロ初アーチが満塁本塁打だったのは、球団の日本人選手では1950年の杉下茂以来、71年ぶり。

 杉下茂は投手で「フォークの神様」として知られた。根尾のメモリアル弾は日本人選手では杉下以来。ただ、球団では3人目で、1970年に助っ人バビーがマークしている。

 バビーは登録名で、本名はジム・バビエリ。1966年にドジャースで39試合に出場し、70年に中日に入団した。同年4月12日の巨人との開幕戦で、5回に初アーチ。それがグランドスラムだった。

 背番号5を背負って華々しいデビューを飾ったが、同年の成績は93試合で打率・188、9本塁打、31打点。1年限りで退団となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月4日のニュース