「昼の帝王」だ 15安打11得点の阪神がヤクルトに圧勝 今季デーゲーム12戦全勝

[ 2021年5月4日 17:32 ]

セ・リーグ   阪神11ー5ヤクルト ( 2021年5月4日    神宮 )

<ヤ・神(6)> 9回1死、阪神・佐藤輝は左越えソロを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 最後まで攻撃の手を抜かない。阪神が主軸の猛攻で、9回にさらに相手を突き放した。

 2点優勢の9回1死一塁。この日「4番・三塁」で先発復帰した大山の適時三塁打で先制、この一打が猛攻の口火を切った。

 1死三塁からサンズが杉山の4球目を捉え、左中間席へ今季8号2ランを放った。すると、続く佐藤輝も負けじと同じ左中間席へ9号ソロ。5安打で一挙4得点と打線が爆発した。

 これで今季のデーゲームは12戦全勝。敵地で、猛虎の強さばかりが目立った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月4日のニュース