広島 開幕10戦目での初盗塁は球団最遅記録ながらも貴重な追加点に

[ 2021年4月6日 19:25 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2021年4月6日    神宮 )

<ヤ・広>7回1死一塁、二盗に成功する曽根(右)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 広島に、開幕から10試合目で今季初盗塁が生まれた。

 1点リードの7回、1死から安部が四球を奪うと、代走・曽根が続く堂林の打席で、初球に二盗成功。さらに堂林からは中堅への適時打が生まれ、貴重な追加点となった。

 06年に開幕から7試合で盗塁なしという記録があったが、今回はそれを更新する球団最遅記録。機動力野球の復活を期す今季の佐々岡監督は、最遅ながらも、ここぞで有効な盗塁となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月6日のニュース