藤川球児SA 阪神・佐藤輝の第1打席を評価「すごい打球だった」 チームの総合力も評価

[ 2021年4月6日 21:03 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2021年4月6日    甲子園 )

藤川球児氏
Photo By スポニチ

 NHKBSの中継で解説を務めたOBの藤川球児SA(40=阪神スペシャルアシスタント)が阪神の大物ルーキー佐藤輝の対応力を絶賛した。

 2回無死一塁からの中前打で攻撃をつなげ、2点先制に導いた。1ボールからの2球目の内角高めをファウルした後、3球目の内角145キロを弾き返した。藤川SAは「彼にとって大きなヒット。2球目より、ボール2つ分低くなったところを、よく打った。すごい打球だった」と評価した。

 残念がったのは7回2死からのフェンス手前への右飛。「あのスイング、あのフォロースルーで入らないのが甲子園なんです。でもスイングの軌道は良かった」と7日以降に期待をつないだ。

 甲子園開幕で巨人相手に白星発進。「地力が上がっている。フラットな目で見ても、戦力は充実している。戦い方が一丸になっている」と阪神は勢いだけではない、と強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月6日のニュース