レンジャーズの本拠地開幕戦に3万人以上が集結  北米プロスポーツ界今季初の大量動員

[ 2021年4月6日 09:14 ]

3万人を超えるファンが集まったレンジャーズの本拠地、グローブ・ライフ・フィールド(AP)
Photo By AP

 テキサス州アーリントンで5日に行われたレンジャーズの本拠地開幕戦でグローブ・ライフ・フィールドに3万8238人のファンが訪れた。チケットは完売。この試合は新型コロナウイルス感染拡大後の北米4大プロスポーツの試合としては初めて競技施設の収容能力をほぼ100%にして行われた試合となった。

 気温は24度。好天にも恵まれ、観客は感染リスクを受け入れた上で試合開始2時間前から球場の中に入った。テキサス州の新規感染者は2月2日に1万8223人だったものが4月4日には1012人までに減り、グレグ・アボット州知事(63=共和党)はマスク着用義務を撤回。アーリントンを含むタラント郡では全住民の20%がワクチン接種を完了していた。しかしこの試合を巡ってはバイデン大統領が「あまりにも無責任だ」と満員での試合開催に踏み切った球団側の姿勢を批判。感染症の専門家も大統領同様に「時期尚早だ」としてスタジアムを埋め尽くすことに否定的な意見をぶつけていた。

 なお始球式はアボット州知事が行う予定だったがこれを拒否。ジョージア州が選挙法を改正したことに伴い、大リーグ側が「黒人などのマイノリティーの投票を妨げる」として同州アトランタで行われる予定だった今年のオールスターゲームを他の都市で開催することを決定したことに対する“対抗措置”と見られている。

 なおレンジャーズは本拠地開幕戦では2―6でブルージェイズに苦杯。今季の成績は1勝3敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月6日のニュース