×

巨人ドラ1平内 2軍ロッテ戦で先発も5回持たず8失点「変化球でカウントを整えられない事が課題」

[ 2021年4月6日 17:21 ]

イースタン・リーグのロッテ戦に先発した巨人・平内
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22)が6日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグのロッテ戦に先発。4回2/3を投げ、8安打8失点だった。

 「高めに浮いたボールを打たれている。変化球でカウントを整えられない事が課題」と反省。ボール先行の苦しい投球が目立ち、初回から2本の二塁打を含む4安打を浴びるなど、ストライクを取りに行った甘い球を痛打された。5回には2つの押し出し四球を与えるなど制球に苦しみ、イニング途中で無念の降板となった。

 試合をつくれず1軍へのアピールとはならなかったが「練習から徹底的に取り組む」と気持ちを切り替え、前を向いていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月6日のニュース