×

国学院大4年・池内が7回2/3零封でリーグ戦初勝利「内と外へしっかり投げ分けられた」

[ 2021年4月6日 05:30 ]

東都大学野球・第2週第1日   国学院大3―0駒大 ( 2021年4月5日    神宮 )

<駒大・国学院大>力投する国学院大先発・池内(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 国学院大の4年生右腕・池内が7回2/3を3安打無失点。リーグ戦初勝利を飾り「内と外へしっかり投げ分けられた。今年は中継ぎどちらもできることをやっていきたい」とフル回転へ意気込んだ。

 打っては昨季までの3番から2番に打順が繰り上がった川村が、初回に先制ソロ。「浮いたスライダーを捉えられた」。今季3本塁打の3番・山本ダンテの前で「恐怖の2番」として打線に厚みを加えている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月6日のニュース