愛知大学野球 57歳がリーグ戦デビュー 名古屋工大・加藤「本当に楽しい」

[ 2021年4月6日 05:00 ]

春季リーグ戦での初安打へ意気込む名工大・加藤文彦
Photo By スポニチ

 愛知大学野球連盟3部Aリーグで57歳の選手がリーグ戦デビューした。2年生の加藤文彦で、3日の開幕戦で9回2死から一塁の守備に就き、リーグ戦初出場を果たした。

 一度は諦めた野球への情熱を捨てきれず、地方公務員として働く一方で昨年、第二部物質工学科に入学。硬式野球の経験はないものの、息子以上に年の離れた級友たちと必死に汗を流している。

 秘め続けてきた野球への思いが加藤を突き動かした。

 吃音(きつおん)のため満足に意思疎通ができず、中2で大好きな野球から離れざるを得なかった。高校でも部活動には所属せず、滋賀大ではヨット部に入った。白球を追う同級生を羨望の眼差しで見つめていたが、「人生100年構想を政府が掲げている。還暦を迎える前に、チャレンジしたいと思いました」と大学の野球部の門を叩いた。

 平日は仕事の都合で練習に参加できないため、4時半の起床後と昼休みにランニング。ジムにも通い、1部昇格と全国大会出場を目指している。

 背番号は幼い頃に魅了された王貞治氏がダイエー、ソフトバンクの監督時代に付けていた「89」(=野球)。次の目標は初安打。「今は本当に楽しい。打席に立ってヒットを打てたら幸せだと思います」。誕生日が1日違いの同級生、ソフトバンク・工藤公康監督の出身校である愛工大名電と目と鼻の先にあるグラウンドから、夢の続きを追いかける。

 全日本大学野球連盟は、50代での選手登録は全国的にも「いないのではないか」としており、最年長記録と見られる。

 過去には、2017年に東京六大学リーグで当時40歳だった東大の伊藤一志投手がフレッシュリーグ(新人戦)に登板したケースがあった。

 ◇加藤 文彦(かとう・ふみひこ)1963年(昭38)5月6日生まれ、岐阜県出身の57歳。稲羽東小4年から「稲羽東野球スポーツ少年団」で野球を始め、稲羽中では2年まで軟式野球部に所属。岐阜高から1浪を経て滋賀大ではヨット部に所属。卒業後は地方公務員として役場に勤務。1メートル70、65キロ。左投げ左打ち。家族は妻と1女2男。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月6日のニュース