×

大谷、今季初の代打で死球 好走塁で決勝生還! エンゼルス3連勝

[ 2021年4月6日 14:41 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―6アストロズ ( 2021年4月5日    アナハイム )

エンゼルス・大谷翔平が逆転のホームイン(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムでのアストロズ戦で8回に代打として登場し、死球だった。その後、チームが同点に追いつくと、大谷はウォルシュの一ゴロの間に逆転のホームを陥れる好走塁を見せた。試合は7―6でエンゼルスが勝利した。

 大谷は3-5で迎えた8回、無死一、二塁で今季初の代打として8番・スズキに代わり登場。アストロズ5番手として登板したスミスを相手に、カウント0-1から死球を受けた。エンゼルスは満塁からファウラーの左前適時打とフレッチャーの二ゴロで同点。さらに1死一、三塁からウォルシュの一ゴロで三塁走者の大谷が好走塁を見せ、勝ち越しのホームを踏んだ。エンゼルスはさらにレンドンの左犠飛で2点差とした。

 アストロズは初回、ブレグマン、コレアの適時打などで3点をリード。4回にはアルトゥーベ、6回にはアルバレスの右前適時打で加点した。逆転され2点を追う9回にはタッカーの中越え本塁打で1点差としたがそこまで。

 エンゼルスは3連勝で4勝1敗とし、アストロズは今季初黒星で開幕4連勝-がストップ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年4月6日のニュース