オリックス 3年目の太田が対外試合1号弾 石川の150キロをフルスイングで右翼スタンドへ

[ 2021年2月23日 13:36 ]

練習試合   オリックスーロッテ ( 2021年2月23日    宮崎・清武 )

<球春宮崎 オ・ロ>1回2死、太田椋は右越えソロを放ち、ベンチのナインに迎えられる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・太田が23日、ロッテとの練習試合に「3番・二塁」で先発出場。初回に対外試合1号となる先制ソロ本塁打を放った。

 0―0の初回2死無走者、相手先発・石川の初球150キロ直球をフルスイング。右翼スタンドへ放り込んだ。

 今キャンプの守備練習は二塁が中心。中嶋監督は「全く動かさないことはないけど、そこ(二塁)かなって」と話しており、二塁を基本線に、三塁の可能性も模索している。かねて「レギュラーを獲る。規定打席到達が目標」と語る期待の高卒3年目が、開幕スタメン獲りへ、猛アピールした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース