巨人・原監督 外国人選手の入国後2週間の隔離生活について「マグロと一緒で立ち止まれない」

[ 2021年2月23日 05:30 ]

原タワーから紅白戦を見守る(左から)吉村コーチ、宮本コーチ、原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 【原監督 今日の一言】巨人の原監督は外国人選手が日本に入国後2週間の隔離生活を過ごすことに「アスリートはどちらかというと、マグロと一緒で立ち止まれない方だから」と表現。回遊魚で泳ぎを止めると窒息するマグロの生態と、常に鍛錬を積んで競技に臨むアスリートの姿勢を重ね合わせ「2週間立ち止まれといったら相当な期間で、取り返すには少なくとも倍、3倍の時間はかかる」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース