西武ドラ1渡部が対外試合初安打 ポテンヒットに「当たりには納得していません」

[ 2021年2月23日 21:49 ]

西武・渡部
Photo By スポニチ

 昨秋に右肩を痛めた影響で高知・春野でのB班(2軍)キャンプに参加している西武のドラフト1位・渡部健人内野手(22=桐蔭横浜大)が、阪神2軍との練習試合に「5番・DH」で出場。4回に対外試合初安打となる左前打を放った。

 前回20日の阪神戦は1打数無安打。「前回の実戦では積極的にいくことができませんでしたので、今日は初球から打ちにいこうという気持ちで臨みました」と振り返った。

 遊撃手と左翼手の間に落ちるポテンヒットに「当たりには納得していません。まだ明日もキャンプはありますが、色々課題が見つかったので、所沢に戻ってそれを埋めていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース