【第93回センバツ】市和歌山-県岐阜商が初戦で激突 市和歌山のドラフト上位候補右腕・小園vs名門打線

[ 2021年2月23日 15:55 ]

甲子園球場の外観
Photo By スポニチ

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)の組み合わせ抽選会が23日午後3時から初のリモートで行われた。第4日第1試合では市和歌山(近畿・和歌山)-県岐阜商(東海・岐阜)の対戦が決まった。

 市和歌山のドラフト上位候補に挙がる152キロ右腕でエース小園健太投手は今大会屈指の好投手。昨秋東海大会準優勝の県岐阜商は30度目の出場となる屈指の名門。4番で主将を務めるプロ注目の高木翔斗捕手ら切れ目のない打線を擁する。小園をどう攻略するかに注目が集まる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース