巨人・ビエイラが1カ所打撃に登板 丸、梶谷、亀井に聞き込み“研究”

[ 2021年2月23日 15:45 ]

<巨人沖縄キャンプ>一カ所バッティングに登板したビエイラ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のチアゴ・ビエイラ投手(28)が23日、セルラー那覇で行われた残留組の練習に参加し、実戦形式の1カ所打撃に登板。丸、梶谷、亀井を相手に28球を投げ、安打性の当たりは2本に抑え「自分が期待した以上の仕上がりだと感じました。去年の今の時期と比べてもコントロールが、まとまっていた」と順調ぶりをアピールした。「チームの中心打者と対戦できたのもよかった。順調にここまできていますね」と登板後には、打席に立った3人から感想を聞き込み“研究”していた。

 1軍本隊はヤクルトと練習試合(浦添)を行った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース