巨人・桑田コーチ補佐がキャンプ初の打撃投手 丸相手に56球

[ 2021年2月23日 13:08 ]

練習試合   巨人3-7日本ハム ( 2021年2月20日    沖縄セルラー )

<巨人沖縄キャンプ>丸らに対してバッティング投手を行った桑田チーフコーチ補佐 (撮影・森沢裕)=23日、那覇市
Photo By スポニチ

 巨人の桑田投手チーフコーチ補佐(52)が23日、沖縄・那覇で行われている1軍キャンプの打撃練習で、キャンプ初の打撃投手を務めた。

 チームは浦添でヤクルトとの練習試合に臨んでおり、残留組が沖縄セルラーで調整中。その打撃練習で桑田コーチ補佐が“登板”した。背番号73のビジターユニホーム姿で、丸佳浩を相手に56球を投げ込んだ。ボール球は10球だった。

 打者を相手に投げるのは、19年にPL学園OBチームとして臨んだ「マスターズ甲子園」以来。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース