阪神・サンズ 初実戦でさっそく安打 一塁守備も無難にこなした

[ 2021年2月23日 14:49 ]

練習試合   阪神―DeNA ( 2021年2月23日    沖縄・宜野座 )

<練習試合 神・D>4回無死、サンズは左中間二塁打を放つ。投手阪口(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神のジェリー・サンズ外野手(33)が23日の練習試合・DeNA戦(かりゆし宜野座)で「5番・一塁」として今春初の実戦出場を果たした。

 第1打席は遊ゴロに倒れたが、4回先頭の第2打席。カウント2ボールから阪口が投じた外角球を、左中間へ弾き返す二塁打とした。

 今季から本格的に取り組む一塁守備でも2度の打球処理を無難にこなした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月23日のニュース