ロッテ・松永がFA権行使を表明「他球団の話を聞きたい」

[ 2020年12月3日 12:29 ]

国内FA権行使を表明したロッテ・松永
Photo By スポニチ

 ロッテ・松永昂大投手(32)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使し、他球団との交渉を行うことを表明した。

 「本日申請書を提出しました。自分で得た権利なので使いたい」

 大阪ガスから12年ドラフト1位で入団すると、1年目から7年連続40試合以上の登板。18年は最多60試合に投げ、チームのブルペンを支え続けたが、19年シーズン終盤に発症した左肘炎症の影響で今年のキャンプは2軍スタート。状態は万全には戻らずに今季は5試合の登板に終わった。

 「ロッテは素晴らしい仲間がいるが、新しい経験が出来る。(移籍条件は)求められていること」と、リーグにこだわらず移籍チームを模索していく構えだ。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年12月3日のニュース