常総学院・島田監督「抜くことは到底無理でも近づきたい」 87年夏準V時のエース

[ 2020年12月3日 05:30 ]

元常総学院監督・木内幸男氏通夜

囲み取材に応える島田直也・常総学院監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今夏の茨城大会後から常総学院を率いている島田直也監督(50)は、祭壇を見上げて「今後は僕が頑張ります」と伝えた。87年夏の甲子園で同校のエースとして準優勝。「(木内監督を)抜くことは到底無理でも、近づくことはできると思う」と改めて強い思いを口にした。

 来春のセンバツ出場を確実にした秋の関東大会後に報告した際は「よくやった」と褒められたそうで「センバツを見てもらいたかった。天国で見てくれると思う」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年12月3日のニュース