オリックス・山崎颯 1年での支配下復帰決定 背番号は元の63番 「2月1日にはブルペンに」

[ 2020年12月3日 14:00 ]

<オリックス契約更改>   支配下選手として登録されたことを明かした山崎颯一郎   (撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 オリックスの山崎颯一郎投手(22)が3日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み、年俸450万円(金額は推定)で支配下選手契約を結んだ。背番号は63。

 山崎颯はドラフト6位で2017年に入団。昨年8月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術を受け、今季は育成選手として契約していたが、順調にリハビリをこなし、10月1日のウエスタン・リーグ、阪神戦で実戦復帰。今季は同リーグで2試合に登板し1勝0敗で、支配下選手への復帰が決まった。

 1年での復帰に「うれしい。今年はリハビリで何の戦力にもなれなかったので、来年は戦力になれるように頑張りたい」と語った山崎颯は、長かったリハビリ期間について「投げられない期間はすごくキツくて同級生たちが投げる姿を見て悔しい思いをしていた。(10月1日の実戦復帰は)スピードはケガ前よりも速くなっているし、感覚もケガ前よりいい感じです」と、術後の経過が良好であることを明かした。

 勝負の5年目に向けて、オフも自主トレを継続。「2月1日にはブルペンに入れるようにやっていきたい」と抱負を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年12月3日のニュース