DeNA東 減額制限ギリギリ24・5%減で更改 左肘手術のリハビリ順調 来年2月後半実戦復帰目指す

[ 2020年12月3日 11:01 ]

契約を更改し会見するDeNA・東(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAの東克樹投手が3日、横浜スタジアムで契約更改交渉に臨み、減額制限(年俸1億円以下は25%)ギリギリの24・5%減となる年俸3320万円でサインした。

 3年目の今季は、2月に左肘内側側副じん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けて登板なしに終わった。「野球を見るのがつらい状態で過ごしていた」というシーズンも、現在は100%でキャッチボールができるほどリハビリは順調。10日後には術後初めてのブルペン入りも予定している。「プラン的には2月後半に実戦復帰できれば」と思い描き「そこ(開幕1軍)に合わせて無理して再発するよりも確実に戦力になるように、焦らずやっていこうと思います」と話した。

 復活を懸ける来季へ「三浦監督が優勝できるように、そこに貢献したい。ここ2年間はローテーションの一角として回ることができなかったので、先発としての役割を果たしたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月3日のニュース