Honda首位打者 佐藤「チャンスがあればプロへ」 父はヤクルト2軍コーチ

[ 2020年12月3日 22:58 ]

第91回都市対抗野球大会決勝   Honda4―1NTT東日本 ( 2020年12月3日    東京D )

<都市対抗決勝 Honda・NTT東日本>優勝し笑顔を見せる(左から)吉田、佐藤、藤野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 打率5割ジャストで大会首位打者に輝いたHondaの佐藤竜彦外野手(26)があらためて夢のプロ入りへ意欲を示した。「チャンスがあれば、行きたい」。 試合結果

 父はヤクルトなどで活躍した佐藤真一氏(55=来季からヤクルト2軍外野守備走塁コーチ)。前日の準決勝・セガサミー戦では10回に飛距離133メートルの特大弾を放った。

 決勝でも初回に先制の中前タイムリー。勝負強さも見せ付けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月3日のニュース