西武・メヒア “楽天キラー”だ!9回2死逆転3ラン

[ 2020年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―2楽天 ( 2020年8月30日    楽天生命 )

<楽・西>9回2死一、二塁で3ランを放つメヒア (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 まさに起死回生の一発だ。0―2の9回2死一、二塁。西武・メヒアが2ストライクからブセニッツの133キロカーブを左翼席に逆転の7号決勝3ラン。今季4度目の零敗寸前だった瀬戸際で値千金弾を放ち「それまで3三振だからよかった。打った感触はよかった。自分の仕事ができたね。メヒア、サマサマヤーッ」と声を弾ませた。

 今季はこの試合前まで、同戦は7試合で5発をマーク。好相性のデータ通りに、チームの土壇場で「楽天キラー」ぶりを発揮した。

 辻監督も「まさにメヒアさまさま。松本(先発で5回2/3を1失点)が頑張っていたからよかった」と目を細めた。これでシーズンは折り返しの60試合を消化。依然、借金6で下位に低迷しているが、指揮官は「一試合一試合、必死に戦っていく」と前を向いた。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース