阪神OBの掛布氏 今季限りで引退の藤川に「今年1年で覚悟を持ってました」

[ 2020年8月31日 18:51 ]

掛布雅之氏
Photo By スポニチ

 阪神OBで阪神レジェンドテラーを務める掛布雅之氏(65)が31日、関西テレビ「報道ランナー」に出演し今季限りでの現役引退が決まった藤川について言及した。

 今季はなかなか状態が上がらない要因についてコロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期となったことを挙げ「コロナウイルスで一回落ちてしまった。それで急ピッチで1カ月ぐらいで調整しないといけないことを考えると、1カ月の時間は短かった」と話した。

 また、このタイミングでの発表に関してはチームのことを思っての判断だったと予想。「今年1年で覚悟を持ってましたね。良い形で1年終わっても、ユニホーム脱ぐことを決めてたのかなと感じます。チーム状態も良くなって、巨人とまだ6・5ゲーム差はありますけど、背中が見えだしてきてる。もしも優勝争いするような状態になった時に個人的な引退ということでチームに迷惑をかけてはいけないと、そういうことを考えての発表だったと思う」と40歳の心情を察した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース