DeNA“天敵”小川に「Pay Back」ならず…首位・巨人戦に向けラミレス監督「集中して戦う」

[ 2020年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―6ヤクルト ( 2020年8月30日    横浜 )

<D・ヤ>先発・阪口の交代を告げるラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは前回対戦でノーヒットノーランを許した小川に対し、7回まで毎回の8安打。しかし、つながりを欠いて攻略には至らなかった。

 試合前に「Pay Back(やり返す)」と宣言していたラミレス監督だが、雪辱はならず「前回よりはいいアプローチができたが、打線が全体的にかみ合わなかった」と悔やんだ。連勝は3でストップ。1日からの5.5ゲーム差の首位・巨人との3連戦に向け、指揮官は「集中して戦う」と話した。

 ▼DeNA・阪口(2回5失点KO。プロ初勝利はならず、31日に出場選手登録抹消)早いイニングでの降板となりリリーフ陣、チームに申し訳ないです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース