楽天「魔の日曜日」…ブセニッツ背信 まさかの逆転被弾

[ 2020年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―3西武 ( 2020年8月30日    楽天生命 )

<楽・西>9回、渋い表情でベンチへ戻る楽天・ブセニッツ(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天はまさかの逆転負けだった。2―0の9回2死一、二塁。抑えのブセニッツがメヒアを2ストライクと追い込んでいたが、3球目に逆転3ランを被弾した。福井、安楽、牧田、宋家豪が8回まで無失点リレーを続けていただけに「チームに申し訳ない」とブセニッツ。

 勝利まであと1球という場面からの痛恨の展開に、三木監督は「起きた現実を受け止めて、また次の試合に向けてやっていく」。日曜日は5連敗となり「魔の日曜日」の呪縛から解き放たれることなく8月を終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース