広島 8度目延長戦また勝てず フランスアが誤算…佐々岡監督苦言

[ 2020年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3―5阪神 ( 2020年8月30日    マツダ )

<広・神>10回2死一、二塁、大山(左)に勝ち越しとなる右越え2点適時三塁打を打たれるフランスア(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島は30日の阪神戦で3点差を追いつきながら、延長戦は8度目でも勝てず、2敗6分けになった。塹江に回をまたがせてまで10回にあてたフランスアが誤算。近本への四球が致命傷につながり、佐々岡監督は「先頭よ。ああいうところに投げる投手は先頭。相手との違いはそこ。1点を争うゲームで四球というのは、こういうことになるんだから」と苦言を呈した。

 堂林の13試合ぶり欠場も響いた。前夜の守備で左足首をひねる形で負傷。大事を取り、グラウンド練習も見合わせた。代役で起用した安部は1三振1併殺など3打席凡退。7回1死一、二塁の好機で安部に送った代打は上本だった。2日前にプロ初サヨナラ打があったとはいえ、本来は守備と走塁が主。あえなく右飛に倒れた。

 半分の60試合を借金6で終え、佐々岡監督は「守りの野球は基本だけど、やっぱり打って勝って勢いに乗りたい。一つずつ借金を返さないといけない」と前向いた。3割打者の西川をコンディション不良で欠き、生命線だった攻撃陣にも不安を抱え、9月戦線を迎える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース