ドジャースがナ・リーグの月間最多本塁打記録を樹立 8月は驚異の57発

[ 2020年8月31日 08:00 ]

初回に9号ソロを放ったシーガーを迎え入れるベリンジャー(AP)
Photo By AP

 ドジャースは30日、敵地アーリントン(テキサス州)でのレンジャーズ戦で3本の本塁打をマーク。8月のチーム本塁打数は28試合で57本となり、ブレーブスが2019年6月にマークした56本のナ・リーグ記録を更新した。

 ブレーブスの記録にあと2本と迫っていたドジャースは初回に「2番・遊撃」のコーリー・シーガー(26)がレンジャーズの先発カイル・ギブソン(32)から中越えに9号ソロ。2回には「9番・捕手」のウィル・スミス(25)が左越えに4号ソロを放ってブレーブスの記録に並んだ。そして3回、「4番・一塁」で先発していたコーディー・ベリンジャー(25)が同じくギブソンから右越えに10号2ランを放って新記録を樹立した。

 試合は7―2でドジャースが勝って26勝10敗。このシリーズの初戦を落としたもののその後の2試合では白星を挙げた。この結果、ドジャースは開幕から12シリーズ連続で勝ち越し。1990年にレッズがマークしているリーグ記録(17シリーズ)を視野にとらえている。なお31日は休養日。9月1日からダイヤモンドバックスと3連戦が組まれている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース