舜平大から二塁打!練習会サポートの大学生、急きょ打席で“アピール”

[ 2020年8月31日 05:30 ]

プロ志望高校生合同練習会・西日本会場2日目 ( 2020年8月30日    甲子園 )

<プロ志望高校生合同練習会>シート打撃で山下から二塁打を放つ同志社大・杉森(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 練習会をサポートした同大2年・杉森圭輔捕手が福岡大大濠・山下の148キロ直球を左前へ運ぶ二塁打とした。

 敦賀気比では主将として3年夏の甲子園に出場した強肩巧打の右打者が、故障した選手に代わって急きょ打席へ。「角度も凄いし手元でグンと伸びてくる」と驚きは隠せなかったが、スカウトの前でのアピールとなり「プロを目指しているので大学4年間で力をつけたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース