中日 あと1本が…今季象徴するような敗戦で2連敗

[ 2020年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―3巨人 ( 2020年8月30日    東京D )

<巨・中>9回、グラウンドを見つめる与田監督(左)と伊東コーチ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日は30日の巨人戦で今季を象徴するような敗戦を喫した。2―3の9回、1死満塁で大島が初球に手を出し、遊ゴロ併殺。与田監督は「四死球3つでストライクを取りにくるところを狙いにいったから、しょうがない」とかばったが、追いつくチャンスは再三あった。

 4回2死一、二塁で京田が、6回2死三塁では京田の代打・堂上が空振り三振。あと1本が出ず、競り負けた。指揮官は「チャンスをつくって1本が打てないとなると、こういう展開になってしまう。打てるようにするしかない」と言葉を絞り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース