レイズ・筒香 5号2ラン&右翼線二塁打!「自分の準備がだんだん整ってきている」

[ 2020年8月31日 15:28 ]

インターリーグ   レイズ12―7マーリンズ ( 2020年8月30日    マイアミ )

初回、2点本塁打を放ったレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は30日(日本時間31日)、敵地・マイアミでのインターリーグ、マーリンズ戦に「4番・DH」で先発出場し、初回に5号2ランを放つなど4打数2安打2打点の活躍を見せた。チームは12―7で勝ち、5連勝した。

 試合後、筒香は「プレーにしろ、アメリカの環境にしろ、1カ月前よりはすごく慣れています」と言い、「チームメートがいろんな冗談とか言ってもらいながら、声をかけてもらって、やりやすい雰囲気を作ってくれてますし、監督、コーチングスタッフの皆さんも、コミュニケーションを取りながら、やりやすい環境を作ってもらっていることに感謝しています」と話した。

 地区首位のチームには「素晴らしい選手と素晴らしい周りのスタッフの方と、やれることを僕自身うれしく思っています。レイズという強い素晴らしいチームでプレーできることを誇りに思っています」と感謝。この日の打撃には「日々初対決の投手と当たる中で、いろんな自分の準備がだんだん整ってきているなということです」と分析した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月31日のニュース