巨人・メルセデス ブルペンで40球 逆転開幕ローテ入りへ「調子いい」 ビエイラも好調維持

[ 2020年5月29日 14:10 ]

巨人・メルセデス
Photo By スポニチ

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が29日、川崎市のジャイアンツ球場でブルペン入りし、40球を投げた。

 左肘違和感で出遅れていた左腕は「気分よく投げられているよ。調子もいいし、きっちり調整して、次の登板に合わせたい」とコメント。逆転での開幕ローテーション入りを狙う。

 新外国人のチアゴ・ビエイラ投手(27)は32球。リリーフ陣の一角として期待される最速167キロを誇る剛腕は「状態は変わらずいいですね。一歩、一歩前に進んでいます。開幕に向けて万全に進んでいくよ」と汗を拭った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース