東京六大学野球「コロナに打ち勝て」総勢60人のメッセージ動画公開

[ 2020年5月29日 05:30 ]

「東京六大学野球キャッチボールプロジェクト」動画に参加しした明大の公家

 東京六大学野球連盟は28日、「東京六大学野球キャッチボールプロジェクト」と題した選手、マネジャーら総勢60人による動画を作成したと発表した。新型コロナウイルスに打ち勝とうという思いなどを同連盟のYouTubeで配信。連盟や各大学の公式サイト、SNSでも公開した。

 4月開幕予定だった春季リーグ戦は8月12日から1試合総当たり形式で開催予定。緊急事態宣言は解除されたが、引き続き「3密」を防いでいく決意を動画に込めた。今秋のドラフト上位候補、早大・早川隆久投手(4年)ら各大学主将もメッセージを寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース