オリックス・福田 出身の大阪府阪南市にマスク1万枚寄付「少しでも役立てていただければ」

[ 2020年5月29日 05:30 ]

オリックス・福田(球団提供)
Photo By 提供写真

 オリックスは28日、福田周平内野手(27)が新型コロナウイルスに対応する医療従事者を支援するため、マスク1万枚を出身地の大阪府阪南市に寄付したと発表した。マスクは阪南市を通じ、市内の医療施設などへ送られる。

 福田は球団を通じ「今自分にできることは何かと考え、僕のふるさと阪南の町に医療用マスク1万枚を寄付することを決めました。少しでも医療現場で役立てていただければうれしいです」などとコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース