中日新助っ人シエラ「神様のおかげ」開幕1軍へ猛アピール3安打

[ 2020年5月29日 17:28 ]

 中日の新外国人・シエラが3安打猛打賞と大活躍。開幕1軍入りに向けてアピールした。

 紅白戦の白組に「5番・左翼」で先発出場。2回無死一塁の第1打席は柳から中前打で好機を拡大。4回1死走者なしでは小笠原から左前打でチャンスメーク。6回は先頭で岡田のグラブをはじく三塁への内野安打で出塁し、この回の勝ち越しにつなげた。

 猛打賞に「良い結果は神様のおかげだね。結果が出ると言うことは良い準備ができているということだと思う」と笑顔。

 4枠ある外国人枠は主砲・ビシエドと救援左腕・ゴンサレスの開幕1軍入りは確定的。救援投手のR・マルティネスも28日から1軍合流しており、今後の実戦登板で問題がなければ、1軍が濃厚だ。残り1枠をアルモンテと争う形となるが、そのアルモンテも初回に2ランを放ち、首脳陣へ好印象を与えた。

 それでも新助っ人は「開幕に向けてどんどんアピールしていきたい」と貪欲に開幕1軍を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース