阪神・藤川、紅白戦で3者連続三振 2カ月ぶり実戦も完璧投球

[ 2020年5月29日 14:53 ]

阪神・藤川
Photo By スポニチ

 阪神の守護神・藤川球児投手(39)が29日、甲子園球場で行われている紅白戦に紅組の3番手として登板。3月22日の2軍練習試合・中日戦以来の実戦で1回無安打無失点。3者連続三振を奪う完璧な投球をみせた。

 5回に甲子園のマウンドに上がると、先頭の北條を直球で空振り三振に。続く高山からも144キロのストレートで再び空振り三振を奪った。最後はマルテに対して、1ボール2ストライク131キロフォークを低めに投じ、見逃し三振を奪った。

 日米通算250セーブまであと7セーブに迫っている矢野阪神の守護神は、さすがの投球を披露し、笑顔をのぞかせながら甲子園のマウンドを降りた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース