ロッテ・朗希 新京成電鉄のラッピング電車に登場 シート打撃登板の160キロに井口監督は「さすが」

[ 2020年5月29日 05:30 ]

新京成電鉄のラッピング電車「2020年マリーンズ号」
Photo By 提供写真

 新京成電鉄によるラッピング電車「2020年マリーンズ号」が29日から運行される。ロッテ・井口監督、ドラフト1位・佐々木朗ら計12枚のパネルが車外ドア横に貼られ、車内もマリーンズ仕様となっている。

 また、26日にシート打撃に登板した佐々木朗について、指揮官は「菅野に本塁打されてからの160キロを2球はさすがだった」と称賛。30日、31日の紅白戦登板の可能性には「状態がよければある。疲労をチェックして判断したい。まだ分からない」と慎重だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月29日のニュース