秋山同僚のレッズ・バウアー サイン盗みに抗議 球種を予告し投球

[ 2020年3月4日 02:30 ]

オープン戦   レッズ6―2ドジャース ( 2020年3月2日    グッドイヤー )

<レッズ・ドジャース>4回から登板したバウアー(AP)
Photo By AP

 レッズ・秋山の同僚で通算70勝の右腕バウアーが、驚きの方法でサイン盗み問題への抗議の気持ちを示した。3番手で4回から登板し、先頭打者との対戦の際にグラブで捕手に球種を伝えてから投球を行った。

 中継した「FOXスポーツ・シンシナティ」は同僚のディートリッチの「トレバー(バウアー)はサイン盗みが気に入らないんだ」という言葉を紹介。バウアーは1月にも同問題を皮肉ったデザインのTシャツを作製・販売していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース