中日・吉見 4回2失点!開幕ローテ「がむしゃらに奪いにいく」

[ 2020年3月4日 05:30 ]

オープン戦   中日0―6西武 ( 2020年3月3日    ナゴヤ )

<中・西>力投する先発の吉見(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 開幕ローテ入りを狙う中日の吉見が西武戦に先発し4回を6安打2失点と踏ん張った。初回、中村への初球でいきなり先頭打者弾を浴びたが、その後はピンチをしのぎ「打たれた後にズルズルいかなかったのはよかった」と粘りの投球を披露。4回も最少失点でしのぎ「持ち味を出せた」とアピールした。

 前回2月22日の阪神戦も2回を2安打無失点に抑えており、与田監督は「直球の状態は良い」と及第点。この日は山井が2回4失点と炎上し、ロメロも左肩の炎症で開幕は難しい状況なだけに、吉見の存在は大きくなりそうだ。昨季は1勝どまり。「僕は調整ではない。年齢関係なく、がむしゃらに奪いにいく立場」と今季は復活を期す。開幕へ前進となるマウンドとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース