選抜高校野球・高野連会見(3)丸山大会会長「選手に感染なら開催難しい」

[ 2020年3月4日 19:30 ]

選抜高校野球大会の開催可否は3月11日に最終決断するとした(右から)高校野球連盟・八田会長、毎日新聞社代表取締役・丸山氏、毎日新聞社大阪代表・斎藤氏 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 第92回選抜高校野球大会(19日から13日間、甲子園)は無観客での大会開催を前提に準備を進めることが4日、決まった。日本高野連が大阪市内で会見を開き、発表した。一方で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、3月11日に大会可否の最終判断を行うことも合わせて発表された。

 会見での一問一答は以下の通り

 ―中止判断の基準は。
 大会会長の丸山昌宏・毎日新聞代表取締役社長「明確な基準は決めていないし、ケースバイケース。緊急に集まって決めようと。選手に感染が起きれば、それ以降の開催は難しくなるだろうと。感染がないように宿舎や宿舎からの球場移動もリスクを減らすことに全力投球したい」

 日本高野連・八田英二会長「どういう方法が最も感染が少ないかを考える。ビュッフェスタイルは駄目だから、個人個人になる。2メートル離して座るとか、宿舎の消毒液(すでに準備済み)、バスの手配はこちらで手配。消毒できるという確信が持てれば。マスクの着用は絶対。ファンの方が周りに来るかもしれないが選手には近づかないように規制して、宿舎に帰したい。インタビューに関しても、観客席に選手が座ってマイクを使ってインタビューするとかそこまで考えている。マスクの準備はしている。感染症の専門家や内科の先生にも助言をお願いしたいと思っている。サジェスチョンを求める場所があれば、指導を受けてワンセットのメニューができれば、11日の運営委員会に判断していただきたい。かなりひどい状況が起これば中止も決断せざるを得ない。18日の12時手前まで最大限努力したい」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月4日のニュース